コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

yi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説



yi

中国古代の礼器の一つで,水差しのこと。一端に樋状の注口があり,反対側には取っ手のついた楕円状容器。おもに青銅でつくられた(→中国銅器)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のの言及

【青銅器】より

…これが殷後期で,中国青銅器製作の最初の頂点である。器の種類として,祭祀に使う最も貴重な酒とされた黒キビの酒(秬鬯(きよちよう))を入れる有肩尊,それに香りをつける香草(鬱(うつ))の煮汁を入れておく中型のつぼ(壺(こ)),つる付きの小ぶりのつぼ(卣(ゆう)),両者を混ぜて注ぐための水さし形の容器(匜(い),盉(か),その香りつきの酒(鬱鬯(うつちよう))を入れておく蓋付きの箱形容器(方彝(ほうい)),その酒用かと思われる蓋付きの杯(觶(し)),その酒を汲むためのひしゃく(枓(と))などがある。この香草の香りのついた酒は祖先の霊にささげ,また高貴な賓客に供するもので,霊力にあふれた貴重な酒であった。…

【(■1)】より

…ただし,〈延喜主計寮式〉に見えるは容量5升の須恵器で,〈つちたらえ(〈土手洗〉の義)〉の訓がついているから,広口で浅い器形かもしれない。また〈延喜造酒司式〉では〈はそう〉に〈匜〉の字をあてているが,このほうは酒の容器であり,陶匜の口をつくる料として篦竹(のだけ)を計上しているので,考古学用語としてのに近い器形を連想することができる。須恵器【小林 行雄】。…

※「匜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

匜の関連キーワード李峪村古墓

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android