コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半挿/𤭯/匜 ハゾウ

デジタル大辞泉の解説

は‐ぞう〔‐ザフ〕【半挿/×𤭯/×匜】

《「はそう」とも》
はんぞう(半挿)1」に同じ。
(𤭯)須恵器(すえき)の一。口が広くて、胴部に小さい孔のある小形の壺。孔に竹管を差し込み、中の液体を注ぐのに用いたと考えられている。土師器(はじき)にもある。

はん‐ぞう〔‐ザフ〕【半挿/×𤭯/×楾/×匜】

湯水を注ぐのに用いる器。柄のある片口の水瓶で、柄の中を湯水が通るようにしてある。その柄の半分が器の中に挿し込まれているところからこの名称がつけられた。はぞう。はにぞう。
口や手を洗ったり、渡し金をしてお歯黒をつけるときに用いた小さな盥(たらい)。
足のある手水盥(ちょうずだらい)。また各地の方言で種々の盥、桶(おけ)をこの名でよぶ。
[補説]「楾」は国字

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

半挿/𤭯/匜の関連キーワード土師器手水盥たらい渡し金お歯黒須恵器片口水瓶おけ角盥湯水

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android