匠気(読み)ショウキ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐き〔シヤウ‐〕【匠気】

好評を得ようとする気持ち。芸術家などが、自分の作品の出来栄えを見せびらかそうとする気どり。「作品に匠気が見える」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうき【匠気】

芸術家・職人などが、技術・技巧に趣向をこらす気持ち。 → 市気

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる