(読み)ショウ

デジタル大辞泉「匠」の解説

しょう【匠】[漢字項目]

常用漢字] [音]ショウ(シャウ)(漢) [訓]たくみ
大工。細工師。職人。「匠人工匠・巧匠・石匠刀匠番匠ばんじょう木匠
技芸に長じた人。学問・芸術で一家をなす人。「学匠楽匠巨匠師匠宗匠
新しいものを作り出す工夫。アイデア。「意匠
[名のり]なる
[難読]内匠たくみ

しょう〔シヤウ〕【匠】

すぐれた技術をもつ人。古くは、特に、木工職人をさす。たくみ。〈和英語林集成

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「匠」の解説

しょう シャウ【匠】

〘名〙 技術を有する人。技術にすぐれた人。職人。職工。特に、古くは、木工職人をさしていった。工匠。たくみ。
※続日本紀‐和銅七年(714)閏二月戊午「匠従六位上伊福部君荒当賜田二町。以吉蘇路也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android