コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

医療ビジョン いりょうビジョン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

医療ビジョン
いりょうビジョン

厚生省が 1990年1月に発表したもので,正式名称は「21世紀をめざした今後の医療供給体制のあり方」。同省はこの医療ビジョンをもとに医療法改正に着手することになった。医療ビジョンでは「よりよいサービスの提供」と「成熟社会にふさわしい医療制度の構築」を基本に,具体的な方向として,2次医療圏単位の保健と医療に関する計画の作成,推進をはじめ,(1) 気軽に健康相談や健康診断が受けられるよう開業医に家庭医機能を持たせる,(2) 病院と開業医との機能分担を進める,(3) 老人等長期間にわたる入院患者が中心となっている病棟 (病床群) については「患者の生活的側面を重視して,必要な医療や介護等の適切なケアを提供するための病棟 (病床群) として,適切に位置づける」など,病状に応じた入院サービスの提供をあげている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

医療ビジョンの関連キーワード厚生省

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

医療ビジョンの関連情報