コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

医療ADR いりょうADR/いりょうえーでぃーあーる medical alternative dispute resolution

1件 の用語解説(医療ADRの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

医療ADR

ADRは「裁判外紛争解決」。中立的な第三者を入れて、当事者話し合い、紛争を処理する裁判同様の重みを持つ仕組み。その医事紛争版が医療ADRだ。医療訴訟は公開で長くかかる上、患者側に立証責任があり、患者側は精神的にも負担になる。「プライバシーを保ち、早く公正に解決する制度」がフランススウェーデンにあり、厚生労働省も検討を始めた。全国的な医療ADRだけでなく、病院や地域の医療ADRなど複数段階の制度になる可能性もある。これを見越して病院内ADRや茨城県医師会のように医師会ADRを始めたところもある。

(田辺功 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

医療ADRの関連キーワード仲裁ADR法裁判外紛争処理裁判外紛争解決手続代替的紛争解決ADR(裁判外紛争処理)ADR(裁判外紛争処理制度)事業再生ADR(裁判外紛争解決手続き)法的整理と私的整理裁判外紛争解決手続き(ADR)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone