コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十三日 ジュウサニチ

デジタル大辞泉の解説

じゅうさ‐にち〔ジフサ‐〕【十三日】

江戸時代、煤(すす)払いをすることになっていた、陰暦12月13日のこと。じゅうさんにち。
「毎年煤払は極月(ごくげつ)―に定めて」〈浮・胸算用・一〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅうさにち【十三日】

〔「じゅうさんにち」とも〕
江戸時代、煤すす払いを行なった12月13日のこと。 「毎年煤払ひ極月-に定めて/浮世草子・胸算用 1

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

十三日の関連キーワード靖国神社廃止の議 難きを忍んで敢て提言す(石橋湛山)塚田 清一フェノリオ堀口 大學水谷貞雄浮世草子サマビル去んぬる正月始め十三夜煤払い請願法昧爽露見日印

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十三日の関連情報