十三日(読み)じゅうさんにち

精選版 日本国語大辞典「十三日」の解説

じゅうさん‐にち ジフサン‥【十三日】

〙 (「じゅうさに」または「じゅうさんち」とも)
① 日の数一三。
※太平記(14C後)五「路の程十三日に、十津河へぞ著せ給ひける」
② 月の第一三番目の日。
※源氏(1001‐14頃)明石「十三日の月の花やかにさしいでたるに」
③ 陰暦一二月一三日をいう。江戸時代、この日は煤払いをする日となっていた。
※浮世草子・男色大鑑(1687)二「時節を待年も暮て、十三日は煤払ひ」
④ 陰暦七月一三日をいう。この日は王子権現の祭日で、参詣者は木の槍を納めるところから槍祭(やりまつり)の日ともいわれた。
※雑俳・柳多留‐三二(1805)「槍持の参詣もある十三日」
⑤ 陰暦九月一三日をいう。この夜の月は八月十五夜の月に対して「のちの月」と呼ばれ、月見の行事を行なう。十三夜。
※洒落本・酔姿夢中(1779)「月見も重陽(せっく)も十三日もいのこゑびすから何もかもひとり呑込」

じゅうさ‐にち ジフサ‥【十三日】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「十三日」の解説

じゅうさ‐にち〔ジフサ‐〕【十三日】

江戸時代、すす払いをすることになっていた、陰暦12月13日のこと。じゅうさんにち。
「毎年煤払は極月ごくげつ―に定めて」〈浮・胸算用・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android