コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十八ヵ国軍縮委員会 じゅうはちかこくぐんしゅくいいんかい Eighteen-Nation Disarmament Committee; ENDC

2件 の用語解説(十八ヵ国軍縮委員会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十八ヵ国軍縮委員会
じゅうはちかこくぐんしゅくいいんかい
Eighteen-Nation Disarmament Committee; ENDC

1961年12月に設けられた軍縮交渉専門機関。同年秋の国際連合総会インドなどの要望に基づき,十ヵ国軍縮委員会の改組について米ソ両国が話し合った。ソビエト連邦は東側 5ヵ国,西側 5ヵ国,中立 5ヵ国の十五ヵ国委員会を主張,アメリカ合衆国は東西 10ヵ国に,中立的配分を考慮した 10ヵ国を加えた二十ヵ国委員会を主張した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

十八ヵ国軍縮委員会【じゅうはちかこくぐんしゅくいいんかい】

ジュネーブ軍縮委員会

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

十八ヵ国軍縮委員会の関連キーワードジュネーブ軍縮委員会スーパーE議官別席別枠ドナー外来米ロ核軍縮交渉前田寿キャットウォーク裏小段

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone