コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十六武蔵 じゅうろくむさし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十六武蔵
じゅうろくむさし

十六目石ともいい,十六武蔵の名はその転訛という。また十六六指とも書く。元来がばくちに用いられた遊戯具の一つ。盤上の中央に親石を1個置き,外辺の 16の点にそれぞれ石を置く。まず親石から動いて,子石と子石の間に割り込めば,両側の子石は死ぬ。子が親石を追いつめて動けないようにすれば子の勝ち,逆に親がたくさん子石を取ってしまえば親石を追い込むことが不可能になるので親の勝ちとなる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

十六武蔵
じゅうろくむさし

盤面に親石1個、子石16個を使用して2人で争うゲーム。十六六指(むさし)、十六目石(むさし)とも書く。の正方形の中央に親石を置き、周囲の16の線の交差点に子石を置く。親から子と交互に1桁(けた)ずつ石を動かし、親が縦、横、斜めに子石に挟まれるように子石の間に入れば両方の子石をとることができ、子石が4個以下となると親の勝ちとなる。親が牛部屋といわれるの三角形の中に追い詰められて動けなくなると「雪隠(せっちん)詰め」といって子の勝ちとなる。この遊びは、中国の唐の時代にあった「馬城(まさし)」という子供の遊びから変化したものといわれ、わが国では平安時代から室町時代にかけて流行した。江戸時代の寛保(かんぽう)年間(1741~44)のころから親石に「武蔵坊弁慶」の絵を描いたものが使われるようになり、「十六武蔵」の字があてられるようになった。明治のころまでは広く行われていたが、現在は知る人も少なくなってしまった。[倉茂貞助]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の十六武蔵の言及

【十六むさし】より

…室内遊戯の一つ。〈十六六指〉〈十六武蔵〉などとも書く。往昔には単に〈むさし〉とも呼び,〈六指〉〈八道〉の文字を当てた。…

※「十六武蔵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

十六武蔵の関連キーワードおもちゃ絵十六むさし遊び

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android