コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十大寺 ジュウダイジ

大辞林 第三版の解説

じゅうだいじ【十大寺】

798年に指定された一〇の官寺。大安寺・元興がんごう寺・弘福ぐふく寺・薬師寺・四天王寺・興福寺・法隆寺・崇福寺・東大寺・西大寺。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の十大寺の言及

【官寺】より

…680年(天武9)4月に蘇我氏の氏寺であった飛鳥元興寺が,当時あった二,三の国大寺とともに官寺の中に入れられ,また聖徳太子の熊凝(くまごり)寺も舒明天皇のとき百済大寺となったと伝える。奈良時代初期には四大寺,五大寺,七大寺(大安,薬師,元興,興福,法隆,東大,西大寺)と増加し,791年(延暦10)には弘福寺,四天王寺,崇福寺の3寺を加えて十大寺と定め,《延喜式》に至っては唐招提寺,東寺などを加えて十五大寺と呼ばれた。官寺すなわち大寺は国家が檀越(だんおつ)で,造建するに当たっては,造仏官,造寺司が設けられた。…

※「十大寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

十大寺の関連キーワード関東十刹・関東じっせつ崇福寺(滋賀県)興福寺(奈良市)元興寺小塔院跡華厳寺[朝鮮]村田良策崇福寺跡新薬師寺百万塔元興寺仏光寺印刷

十大寺の関連情報