コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十時園四起 じゅうじえん よつおき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

十時園四起 じゅうじえん-よつおき

1831-1905 幕末-明治時代の日本画家,狂歌師。
天保(てんぽう)2年生まれ。上野(こうずけ)(群馬県)高崎の人。岡本秋暉(しゅうき)らに絵をまなぶ。武居世平(たけい-よひら)(初代菫庵東雄(すみれあん-あずまお))の次女と結婚。3代菫庵をつぎ,高崎水魚連の判者となった。明治38年2月12日死去。75歳。姓は金井,のち武居。名は馨。通称は起一郎。画号は梅坡。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

十時園四起の関連キーワード狂歌師

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android