十時園四起(読み)じゅうじえん よつおき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

十時園四起 じゅうじえん-よつおき

1831-1905 幕末-明治時代の日本画家,狂歌師。
天保(てんぽう)2年生まれ。上野(こうずけ)(群馬県)高崎の人。岡本秋暉(しゅうき)らに絵をまなぶ。武居世平(たけい-よひら)(初代菫庵東雄(すみれあん-あずまお))の次女と結婚。3代菫庵をつぎ,高崎水魚連の判者となった。明治38年2月12日死去。75歳。姓は金井,のち武居。名は馨。通称は起一郎。画号は梅坡。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android