コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十王経 じゅうおうぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十王経
じゅうおうぎょう

人の死後 10人の王によって生前の罪が裁かれることを記した経典。中国の民間信仰と仏教信仰との混合説を示す偽経と思われる。諸本があるが,唐代の『閻羅王授記四衆逆修生七往生浄土経』や平安時代末期の『地蔵菩薩発心因縁十王経』などが流布した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうおうきょう【十王経 Shí wáng jīng】

中国および日本でつくられた,民俗仏典の一つで,諸本がある。唐の蔵川の《仏説地蔵菩薩発心因縁十王経》や,《仏説預修十王生七経》は,その代表的なもの。死後,主として中陰期間中に,亡者が泰広王,初江王,宋帝王など,10人の王の前で,生前の罪業を裁かれる次第を述べ,来世生所と地蔵菩薩の救いを説いて,遺族の追善供養をすすめるもの。期間はさらに百ヵ日,一周忌三周忌に延長される。中世の中国で,泰山信仰や,冥府信仰が流行するのに伴って,仏教側で考えだしたものらしい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

十王経の関連キーワード十王(亡者を裁く10人の王)三途の川賽の河原地獄図十王図奪衣婆閻魔