コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千の風になって センノカゼニナッテ

デジタル大辞泉の解説

せんのかぜになって【千の風になって】

《原題 Do not stand at my grave and weep》作者不詳の英語詩を新井満が日本語に翻訳し、曲をつけた作品。私家盤として平成13年(2001)に制作された後、新垣勉、秋川雅史、中島啓江などの声楽家がカバーし有名となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

千の風になって

日本のポピュラー音楽。アメリカで作られた作者不詳の追悼詩「Do Not Stand at My Grave and Weep」を、作家・作曲家の新井満が翻訳して曲をつけたもの。2001年に新井自身の歌で私家版として制作したものが後に話題となり、2006年にテノール歌手の秋川雅史が歌ったバージョンが一般に発売されヒット。2007年オリコン年間チャート第1位。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

千の風になっての関連キーワードFUJIWARA東京混声合唱団植田靖比呂森安まゆみ長谷川希黒川泰子橋村琢哉窪塚俊介高橋晃好美大渡部忍

千の風になっての関連情報