千屋菊次郎(読み)ちや きくじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千屋菊次郎 ちや-きくじろう

1837-1864 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)8年8月生まれ。千屋金策の兄。土佐(高知県)の人。武市瑞山(たけち-ずいざん)にしたがい土佐勤王党にくわわる。文久3年松山正夫と周防(すおう)(山口県)三田尻にいき三条実美(さねとみ)ら七卿を護衛。禁門の変では萩藩忠勇隊に属し,敗れて元治(げんじ)元年7月21日山城(京都府)天王山自刃(じじん)した。28歳。名は孝健,のち栄。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android