コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千屋菊次郎 ちや きくじろう

1件 の用語解説(千屋菊次郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千屋菊次郎 ちや-きくじろう

1837-1864 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)8年8月生まれ。千屋金策の兄。土佐(高知県)の人。武市瑞山(たけち-ずいざん)にしたがい土佐勤王党にくわわる。文久3年松山正夫と周防(すおう)(山口県)三田尻にいき三条実美(さねとみ)ら七卿を護衛。禁門の変では萩藩忠勇隊に属し,敗れて元治(げんじ)元年7月21日山城(京都府)天王山で自刃(じじん)した。28歳。名は孝健,のち栄。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

千屋菊次郎の関連キーワード元治入江九一扇格左衛門マン茨田郡士山田屋大助大塩平八郎サヌーシー派舎密開宗生田万の乱

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone