千屋(読み)ちや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

千屋
ちや

岡山県西部,新見市北部の地区。旧村名。 1955年新見市に編入。かつては砂鉄製錬が行われていたが,鉄山経営者の太田辰五郎が和牛の改良を行い,江戸時代末期から優良な血統で知られる千屋牛が生産され,全国にその名を知られた。牛市天保5 (1834) 年から始り,子ウシの生産が盛んで,現在もその伝統が残っている。県和牛試験場がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

千屋
ちや

岡山県中西部、新見(にいみ)市の一地区。旧千屋村。高梁(たかはし)川源流、中国山地にあり、かつて三黒すなわち砂鉄、木炭、和牛の産地として知られた。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

千屋の関連情報