コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千屋 ちや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

千屋
ちや

岡山県西部,新見市北部の地区。旧村名。 1955年新見市に編入。かつては砂鉄製錬が行われていたが,鉄山経営者の太田辰五郎が和牛の改良を行い,江戸時代末期から優良な血統で知られる千屋牛が生産され,全国にその名を知られた。牛市天保5 (1834) 年から始り,子ウシの生産が盛んで,現在もその伝統が残っている。県和牛試験場がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

千屋
ちや

岡山県中西部、新見(にいみ)市の一地区。旧千屋村。高梁(たかはし)川源流、中国山地にあり、かつて三黒すなわち砂鉄、木炭、和牛の産地として知られた。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

千屋の関連キーワード小千谷(市)(おぢや)美郷(町)(秋田県)備作山地県立自然公園県内のブランド牛岡山県新見市新見(市)菅野覚兵衛千屋菊次郎坂本東嶽邸千屋熊太郎6月15日中国山地井原応輔真昼山地地震断層歴史小説千屋金策岡元太郎美郷町活断層

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

千屋の関連情報