コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太田辰五郎 おおた たつごろう

2件 の用語解説(太田辰五郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太田辰五郎 おおた-たつごろう

1790-1854 江戸時代後期の畜産家。
寛政2年生まれ。備中(びっちゅう)阿賀郡千屋(ちや)村(岡山県新見市)の人。家業の鉄山業でえた資力をもとに郷里に牧場をひらき,種牛の改良をはかる。大赤蔓(おおあかつる)とよばれる優良牛を育成し,また天保(てんぽう)5年自宅を提供して千屋牛馬市を開設した。嘉永(かえい)7年2月18日死去。65歳。名は政恭。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

太田辰五郎

没年:嘉永7.2.18(1854.3.16)
生年:寛政2(1790)
江戸後期の牧畜改良家。備中国阿賀郡実村(新見市千屋)生まれ。父を継いで鉄山師となり,巨資を投じて牛を購入して村民に飼養させた。この牛を改良して千屋の大赤蔓という系統牛をつくり,また天保5(1834)年に私財を投じて牛市を開設するなど,千屋牛業の発展に貢献した。<参考文献>『阿哲郡誌』『阿哲畜産史』

(神立春樹)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

太田辰五郎の関連キーワード白川芝山新井稲亭小田昂斎金内格三黄谷新場小安林門悦前田周助雪廼屋祖柳和風亭国吉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone