コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千年飴 センネンアメ

デジタル大辞泉の解説

せんねん‐あめ【千年×飴】

江戸中期、浅草の飴売り七兵衛が売りはじめたという飴。現在の千歳(ちとせ)飴にあたり、紙袋に「千年飴」と記した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せんねんあめ【千年飴】

江戸時代、紅白二本の棒状の飴を、鶴亀・松竹梅の模様のある袋に入れて神社の門前で宮参りの祝いに売った千歳飴に似たもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

千年飴の関連キーワード江戸時代宮参り松竹梅千歳飴門前鶴亀棒状

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android