千年飴(読み)センネンアメ

デジタル大辞泉の解説

せんねん‐あめ【千年×飴】

江戸中期、浅草の飴売り七兵衛が売りはじめたという飴。現在の千歳(ちとせ)飴にあたり、紙袋に「千年飴」と記した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せんねんあめ【千年飴】

江戸時代、紅白二本の棒状の飴を、鶴亀・松竹梅の模様のある袋に入れて神社の門前で宮参りの祝いに売った千歳飴に似たもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せんねん‐あめ【千年飴】

〘名〙 江戸時代、元祿・宝永(一六八八‐一七一一)頃、江戸浅草の飴売七兵衛が売り本の飴を、鶴亀や松竹梅の模様をかいた長い紙袋に入れたもの。神社の門前で、子どもの宮参りのときに買い、親戚・縁者にも配るのをならわしとした。現在では「ちとせあめ」という。せんざいあめ。寿命飴。千年。〔随筆・還魂紙料(1826)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android