コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮参り みやまいり

6件 の用語解説(宮参りの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宮参り
みやまいり

生後初めて産土神 (→氏神 ) に参詣すること。日取りは生後 30日前後,ところによっては七夜,また百日参りといって生後 100日目にするところもある。一般に男児と女児で日取りを違えている。新しく氏子となる生児を氏神に認めてもらい,加護を祈る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みや‐まいり〔‐まゐり〕【宮参り】

[名](スル)
神社に参拝すること。「家内安全を願って―する」
子供が生まれてのち、初めて産土(うぶすな)神に参拝すること。生後30日前後の場合が多い。産土参(うぶすなまい)り。初宮参り

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

宮参り【みやまいり】

生児が初めて氏神に参ること。生後30日前後で行うが,この日は鳥居までで,正式には75日目,100日目にする所もある。村人の一人となったことを氏神に認めてもらう儀礼で(氏子),このとき鍋墨で生児の額に犬の字や×印をつけて健康を祈る習俗も見られる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

みやまいり【宮参り】

生後はじめて氏神に参って氏子となることで,初宮参りともいう。男児32日目,女児33日目に参る例が多いが,早い所では七夜に参り,また100日目に参るという遅い所もある。初宮参りをヒアケとかヒハレ,シメアゲなどというのは,生児の産屋の忌が明けたことを意味する。産婦の忌は75日たたぬと明けぬとされているので,30日前後の宮参りには母親は参加せず,産婆や仲人,姑などが生児を抱いたりおぶったりしていく。しかし元来は母子ともに忌明けを待って行ったものらしく,西日本ではモモカマイリといって,母子ともに100日目に参る例が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

みやまいり【宮参り】

( 名 ) スル
神社に参詣すること。
子供が生まれてから、初めて産土神うぶすながみに参詣すること。うぶすなまいり。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宮参り
みやまいり

生後初めて氏神に参って氏子となることで、初宮参りともいう。日取りは30日前後が多く、所によってお七夜にする所もあり、100日ごろにする例もある。初宮参りをヒアケ、ヒハレ、シメアゲ、ウブアケなどというのは、この日で生児の忌みが晴れるので、産屋明けに氏神への初参りをするのである。産の忌みはコユミ(子忌み)三三日、オヤユミ(親忌み)七五日といわれるように、産婦にもっとも重く、ついで生児、次に夫、家族という順になっている。したがって、母子双方の忌み明けを待って、75日、100日目に参る所や、西日本ではモモカマイリといって100日目に参る例が多い。30日前後の宮参りに鳥居参りといって、鳥居までしか参らぬ所がある。もちろん母親の忌みが明けぬことも理由の一つであるが、その地方の産の忌みの観念の強さにもよる。仲人(なこうど)の女親(仲人の妻)や産婆、姑(しゅうとめ)などがハレギを着せた児を抱いて参る。氏見せ、ゲンゾ(見参)参りなどといって、新しい氏子を氏神に引き合わせるのが目的で、わざと子を泣かせたりして、神に印象づけ将来の加護を祈る。社前に赤飯や御神酒(おみき)を供え、赤飯はついてきた近所の子供たちに、お仲間入りといってすこしずつふるまう。宮参りの帰りには祝いをもらった親戚(しんせき)へ寄り、シラガというオヒネリを産着の紐(ひも)に結んでもらって、長生きするように祝ってもらう。宮参りは生児が初めて社会的に承認され、地域の一員となるという第一の手続でもあった。[大藤ゆき]
『『家閑談』(『定本柳田国男集15』所収・1963・筑摩書房) ▽恩賜財団母子愛育会編『日本産育習俗資料集成』(1975・第一法規出版) ▽大藤ゆき著『児やらい』(1968・岩崎美術社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の宮参りの言及

【育児】より

…これは悪魔を払うためといわれ,東北地方ではヤスコと呼んでいるが,やはり神の子として生児が承認されたしるしでもある。
宮参り
 ふつう男児は生後32日,女児は33日目に氏神に参る。氏神の氏子となることは,正式に村の一員として認められることである。…

【氏子入り】より

…出生後初の宮参りによって,氏神氏子となること。氏子入りは生児が村の一員として認められるという意味があった。…

【帯解き】より

…その後,期日は11月15日となり,年齢も武家では男5歳,女4歳となったが,江戸時代中期以後は男子5歳の袴着に対して,もっぱら女子7歳の祝いとされた。その作法は,7歳の女児を吉方(えほう)に向かせ,仮親に帯を結んでもらって宮参りをするというものであるが,このときに被衣(かずき)をはじめてかぶせることもあった。また宮参りの際に女児を肩車に乗せていく家もあった。…

※「宮参り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

宮参りの関連キーワード帯祝い初節句結婚記念日七五三贈答成人式贈答歌厄除けお盆お祭り

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宮参りの関連情報