コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千村良重 ちむら よししげ

2件 の用語解説(千村良重の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千村良重 ちむら-よししげ

1566-1630 織豊-江戸時代前期の武士。
永禄(えいろく)9年生まれ。もと信濃(しなの)(長野県)の木曾義昌(よしまさ)の家臣。関ケ原の戦い徳川家康にしたがい,徳川秀忠軍の中山道(なかせんどう)西進の先導をつとめる。幕府領の信濃の榑木山(くれきやま)支配などをかねたまま,尾張(おわり)名古屋藩主徳川義直の請いにより藩士となった。寛永7年9月22日死去。65歳。通称は平右衛門。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

千村良重

没年:寛永7.9.22(1630.10.27)
生年:永禄9(1566)
江戸初期の代官。三郎太郎,平右衛門と称した。木曾代官・山村氏と同じく木曾義昌の臣。木曾氏改易ののち,徳川家康に属し関ケ原の戦の前哨戦である木曾攻略に参加。その功により山村氏ともども一族に1万6200石を与えられたとき,良重は4400石余を領することとなる。美濃国可児郡久々利に居住し,慶長8(1603)年信濃国伊奈郡内1万石余(榑木山支配)と,遠江国奥の山,舟明(豊田郡)村を預かり支配する。山村氏が尾張(名古屋)藩に属すを以て藩主徳川義直の懇望により,元和5(1619)年尾張藩に属す。しかし代官としてはそのままで幕臣でもあった。旗本外様列で表交替寄合格,柳之間詰。現港区芝と名古屋,また信州飯田荒町に屋敷地を与えられていた。<参考文献>『名古屋市史 地理編』『可児町史』

(松田之利)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の千村良重の言及

【千村平右衛門】より

…木曾義仲の末孫といわれ,山村甚兵衛とともに木曾衆の宗家。関ヶ原の戦で徳川家康にくみし,その功で木曾衆全体に美濃国内に1万6000石を給せられた。平右衛門良重は一族とともに可児郡久々利に住む。信州と遠州の地の支配を家康より命ぜられ,また遠州船明村榑木(くれき)改役として天竜川の榑木改めを命ぜられる。1619年(元和5)尾張藩に付属せしめられたが,旗本,表交替寄合並で,参勤交代もするという幕府にも直属する存在であった。…

※「千村良重」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

千村良重の関連キーワード青木城右衛門井上市郎太夫米屋平右衛門榊山四郎太郎(5代)三文字屋庄左衛門鳥取大武升屋平右衛門(初代)村山平右衛門(2代)村山平右衛門(3代)山中利右衛門

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone