コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千田玄智 せんだ げんち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千田玄智 せんだ-げんち

1663-1729 江戸時代前期-中期の医師。
寛文3年生まれ。出羽(でわ)最上(もがみ)郡(山形県)の人。江戸で井上玄徹にまなぶ。将軍徳川綱吉,家宣(いえのぶ)の侍医となり,法眼(ほうげん)にすすむ。享保(きょうほう)14年3月1日死去。67歳。字(あざな)は子韜。号は大円堂,匠精軒。著作に「括秘録」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

千田玄智の関連キーワード日本の医学史(年表)ファン=フリート紀海音霊元天皇モリエールニューコメン勘解由小路韶光友我弓場弾右衛門ニューコメン

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android