井上玄徹(読み)いのうえ げんてつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上玄徹 いのうえ-げんてつ

1602-1686 江戸時代前期の医師。
慶長7年6月4日生まれ。京都の曲直瀬玄朔(まなせ-げんさく)にまなぶ。正保(しょうほ)4年(1647)将軍徳川家光の侍医となる。将軍,大名らを診察,京都で東福門院の治療にもあたった。延宝6年法印。世評がたかく門弟千余人という。貞享(じょうきょう)3年4月19日死去。85歳。周防(すおう)(山口県)出身。本姓多々良。号は霊叟。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android