コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上玄徹 いのうえ げんてつ

1件 の用語解説(井上玄徹の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上玄徹 いのうえ-げんてつ

1602-1686 江戸時代前期の医師。
慶長7年6月4日生まれ。京都の曲直瀬玄朔(まなせ-げんさく)にまなぶ。正保(しょうほ)4年(1647)将軍徳川家光の侍医となる。将軍,大名らを診察,京都で東福門院の治療にもあたった。延宝6年法印。世評がたかく門弟千余人という。貞享(じょうきょう)3年4月19日死去。85歳。周防(すおう)(山口県)出身。本姓は多々良。号は霊叟。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

井上玄徹の関連キーワード本願寺小田原藩吉田半兵衛本願寺伝通院伝通院ホルイギリス音楽中国の原木輸入量堀川運河

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone