千筋(読み)ちすじ

精選版 日本国語大辞典の解説

ち‐すじ ‥すぢ【千筋】

〘名〙
① 糸状のものが非常に多くあること。細かくたくさんあること。
※謡曲・夜討曾我(1480頃)「大勢落ち重なって、千筋の縄をかけまくも忝なくも」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)続「千行(チスヂ)の涙沸かへり」
② 特に、髪の毛をいう。
※洒落本・契情買虎之巻(1778)三「きよらかなるみどりのちすじは、大たぶさのつくねしまだ」

せん‐すじ ‥すぢ【千筋】

〘名〙 縞柄(しまがら)の一種。経(たていと)二本を一組とし、二組へだてて、縞一組の排列をする縦縞(たてじま)。また、その模様に染めたもの。千筋染。
※浮世草子・男色大鑑(1687)八「御所ちらし千筋(センスチ)山づくし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せん‐すじ〔‐すぢ〕【千筋】

色違いの縦糸を4本ずつ配列して織った細い縦

ち‐すじ〔‐すぢ〕【千筋】

糸のように細長いものが数多くあること。「千筋の黒髪」「千筋

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android