千筋(読み)センスジ

デジタル大辞泉の解説

せん‐すじ〔‐すぢ〕【千筋】

色違いの縦糸を4本ずつ配列して織った細い縦

ち‐すじ〔‐すぢ〕【千筋】

糸のように細長いものが数多くあること。「千筋の黒髪」「千筋の涙」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せんすじ【千筋】

たて糸二本ごとに色の違う細い縞。

ちすじ【千筋】

細長い糸状のものがたくさんあることをいう語。 「 -の涙」
髪の毛のこと。 「きよらかなるみどりの-/洒落本・契情買虎之巻」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android