コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千葉一流 ちば いちりゅう

3件 の用語解説(千葉一流の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千葉一流 ちば-いちりゅう

?-? 江戸時代中期-後期の華道家。
生地筑前(ちくぜん)福岡で明和-享和(1764-1804)のころに活躍。投入花(なげいればな)を基本とした東山流を創始した。著作に明和4年(1767)刊行の「抛入花薄(なげいれはなすすき)」や「東山流番花山策起原」など。別号に得実斎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

千葉一流
ちばいちりゅう

東山流」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

千葉一流
ちばいちりゅう

生没年不詳。江戸中期のいけ花作家。筑前(ちくぜん)の生まれで、東山(ひがしやま)流を創始する。1767年(明和4)から1804年(文化1)ごろまで活躍し、『抛入花薄(なげいれはなすすき)』前編・後編など残している。投入れ花にくふうを凝らし、陰陽の理を説きながら、いけやすい投入れ花を創案した。様式としては投入れ花の自由性をもつが、「体(たい)」と「添(そえ)」といった役枝(やくえだ)を定めて、後の床(とこ)の花としての生花様式への創案をなしている点が注目される。[北條明直]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

千葉一流の関連キーワード安藤凉宇一瓢庵関里(6代)一瓢庵関里(7代)今井宗普真実庵一斎是心軒如水春木三応美笑軒心昔美笑軒道昔水谷逸雅

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone