コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千葉利胤 ちば としたね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千葉利胤 ちば-としたね

1515-1547 戦国時代の武将。
永正(えいしょう)12年生まれ。千葉昌胤(まさたね)の子。天文(てんぶん)15年家督をつぎ千葉介となる。下総(しもうさ)佐倉城(千葉県)城主。妻は北条氏康の娘。里見義尭(よしたか)の侵略に対し北条氏と連合してたたかう。天文16年7月12日死去。33歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

千葉利胤の関連キーワードフランソア[1世]セルリオフランソワフランソワフェルナンデス・デ・コルドバコウジショヤセルミジパティニールフッテン

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone