コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千葉寿安 ちば じゅあん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千葉寿安 ちば-じゅあん

1806-1868 江戸時代後期の医師。
文化3年生まれ。陸奥(むつ)磐井郡(岩手県)藤沢領主奥山氏の医臣。仙台の錦織即休(にしこおり-そっきゅう)らに師事。長崎で伊東玄朴らに種痘術をまなぶ。帰郷して関東以北で最初といわれる種痘を実施した。慶応4年4月15日死去。63歳。名は常憲。字(あざな)は子明。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

千葉寿安の関連キーワード戊辰戦争ナポリ王国日本の医学史(年表)早竹虎吉(初代)明治東京(都)ブートレロフフランツ大陸封鎖フランツ[2世]

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android