コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千葉歳胤 ちば としたね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千葉歳胤 ちば-としたね

1713-1789 江戸時代中期の暦算家。
正徳(しょうとく)3年生まれ。幸田親盈(ちかみつ)にまなぶ。明和3年幕府の天文方の求めにより日食月食の予測などを記述した「蝕算活法率」をあらわした。寛政元年3月6日死去。77歳。武蔵(むさし)高麗(こま)郡(埼玉県)出身。本姓は浅見。通称は助之進。号は陽生。著作はほかに「天文自然歳胤録」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

千葉歳胤の関連キーワード本多利明正徳

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android