コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世界地理書 せかいちりしょ

世界大百科事典 第2版の解説

せかいちりしょ【世界地理書】

江戸時代における世界地理の書をいう。日本では古来,本朝,唐,天竺の3国をおおむね全世界と考えてきたが,戦国時代末からのヨーロッパ人の渡来により,広大な世界の存在や地球説,世界図を知ることになった。しかし,鎖国以前の世界地理書は見当たらない。なお江戸初期以来長く日本人の世界地理の基礎となったのは,明末清初の中国に在留した耶蘇会士マテオ・リッチ(利瑪竇(りまとう))の《坤輿(こんよ)万国全図》とその地誌的記載,アレーニGiulio Aleni(艾儒略(がいじゆりやく))の《職方外紀》,フェルビースト(南懐仁)の《坤輿外紀》などである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界地理書の関連キーワード泰西輿地図説新訂万国全図ミュンスター華夷通商考朽木昌綱横井小楠坤輿図識采覧異言職方外記山村才助

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android