千葉胤富(読み)ちば たねとみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千葉胤富 ちば-たねとみ

1527-1579 戦国-織豊時代の武将。
大永(たいえい)7年生まれ。千葉昌胤(まさたね)の子。兄利胤(としたね)の子親胤(ちかたね)が跡をついで下総(しもうさ)佐倉城(千葉県)城主となったが,横暴なため弘治(こうじ)3年家臣に殺されたあと胤富が城主となる。下総における北条氏方の勢力として,上杉氏とむすんだ里見,佐竹両氏と対立した。天正(てんしょう)7年5月4日死去。53歳。通称は千葉介。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android