コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千葉良蔵 ちば りょうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千葉良蔵 ちば-りょうぞう

1788-1860 江戸時代後期の医師。
天明8年生まれ。家は代々陸奥(むつ)登米(とめ)郡(宮城県)の伊達氏につかえた医家。京都の吉益南涯の門にまなび,帰郷して家業をつぐ。天保(てんぽう)2年陸奥中村藩(福島県)に開設された医学所の学頭となり,石川桜所(おうしょ)らの門下生をそだてた。万延元年6月17日死去。73歳。名は胤高。号は穆翁,明渓。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

千葉良蔵の関連キーワードラングハンス万延第二帝政ラトビアサリエリラ=ペルーズホール朋誠堂喜三二アメリカ合衆国憲法オーストラリア・ニュージーランド文学