コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千葉貞胤 ちば さだたね

2件 の用語解説(千葉貞胤の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千葉貞胤 ちば-さだたね

1292*-1351 鎌倉-南北朝時代の武将。
正応(しょうおう)4年12月15日生まれ。千葉胤宗(たねむね)の子。下総(しもうさ)守護。正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年新田義貞(よしさだ)にしたがい北条方の金沢貞将(さだまさ)を討つ。建武(けんむ)3=延元元年越前(えちぜん)(福井県)で斯波(しば)高経に降伏し足利方に属す。河内(かわち)(大阪府)四条畷(しじょうなわて)で楠木正行(まさつら)とたたかった。観応(かんのう)2=正平(しょうへい)6年1月1日死去。61歳。通称は千葉介。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

千葉貞胤

没年:観応2/正平6.1.1(1351.1.28)
生年:正応4(1291)
鎌倉・南北朝時代の武将。千葉介,下総守護。胤宗の子。正慶2/元弘3(1333)年,新田義貞に呼応して武蔵鶴見で北条軍を破り,建武政権が成立すると上京してその地位を保持した。建武2(1335)年に足利尊氏後醍醐天皇に背いた際には天皇方に属して新田義貞と共に転戦したが,翌年尊氏が京都を制圧すると北陸に赴いた。途次雪中の行軍に苦しみ,足利方に降伏。かねてより対立していた従兄弟の千葉胤貞は当初より尊氏方として活躍しており貞胤は一時窮地に陥ったが,まもなく胤貞が死去したこともあって結局千葉介の職と下総守護職を安堵され,千葉氏の勢力を保持することに成功した。

(山田邦明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

千葉貞胤の関連キーワード今川頼貞千葉勝胤千葉兼胤千葉邦胤千葉胤綱千葉成胤千葉頼胤長沼秀行船田経政松浦定

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone