コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千葉長作 ちば ちょうさく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

千葉長作 ちば-ちょうさく

1860-1935 明治-昭和時代前期の剣道家。
万延元年生まれ。13歳で全国武者修行にでる。20歳のころ山岡鉄舟の道場にまなぶ。甲府に共撃館,横浜に日本講武会を設立。明治40年矢吹秀一(ひでかず)と東京本郷に日本武道会を創立,会長となる。昭和10年1月5日死去。76歳。甲斐(かい)(山梨県)出身。本姓地場。号は如山。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

千葉長作の関連キーワード山中貞雄斎藤寅次郎成瀬巳喜男日本浪曼派五所平之助島津保次郎清水宏稲垣浩キューカー治安維持法

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android