コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千輻輪相 センプクリンソウ

2件 の用語解説(千輻輪相の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せんぷくりん‐そう〔‐サウ〕【千×輻輪相】

仏の備えている三十二相の一。足の裏にある、千の輻(や)をもつ車輪の形の文様。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の千輻輪相の言及

【法輪】より

…仏が法を説くことを〈転法輪(てんぼうりん)〉,とくに成道(じようどう)後最初の説法を〈初転法輪(しよてんぼうりん)〉というが,これも教えを説くことを車輪を転がすことになぞらえた言い方である。また,仏の偉大な特徴を表す〈三十二相〉の中の一つ,〈千輻輪相(せんぷくりんそう)〉(足の裏もしくは掌にあるという車輪形の文様)も,仏の偉大なはたらきである説法(転法輪)を象徴するもの(法輪)とみることもできよう。仏像出現以前の古い彫刻では,仏のあるべき位置にしばしば輪形(あるいは聖樹など)が刻まれているが,これは仏(釈迦)を法輪(もしくは聖樹など)によって象徴的に表現したものである。…

※「千輻輪相」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

千輻輪相の関連情報