コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千輻輪相 センプクリンソウ

デジタル大辞泉の解説

せんぷくりん‐そう〔‐サウ〕【千×輻輪相】

仏の備えている三十二相の一。足の裏にある、千の(や)をもつ車輪の形の文様

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せんぷくりんそう【千輻輪相】

仏の三十二相の一。仏の足の裏の、千の輻が車輪状になっている文様。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の千輻輪相の言及

【法輪】より

…仏が法を説くことを〈転法輪(てんぼうりん)〉,とくに成道(じようどう)後最初の説法を〈初転法輪(しよてんぼうりん)〉というが,これも教えを説くことを車輪を転がすことになぞらえた言い方である。また,仏の偉大な特徴を表す〈三十二相〉の中の一つ,〈千輻輪相(せんぷくりんそう)〉(足の裏もしくは掌にあるという車輪形の文様)も,仏の偉大なはたらきである説法(転法輪)を象徴するもの(法輪)とみることもできよう。仏像出現以前の古い彫刻では,仏のあるべき位置にしばしば輪形(あるいは聖樹など)が刻まれているが,これは仏(釈迦)を法輪(もしくは聖樹など)によって象徴的に表現したものである。…

※「千輻輪相」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

千輻輪相の関連キーワード仏足石千輻輪

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android