コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

半盲 はんもうhemianopsia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

半盲
はんもう
hemianopsia

注視点を境界として,片眼または両眼視野の左半部あるいは右半部が欠損するものをいう。半盲には,両眼視野の同側が欠損する同名半盲と,反対側が欠損する異名半盲とがある。前者は右側半盲と左側半盲に分けられ,後者は両耳側半盲と両鼻側半盲に分けられる。脳腫瘍,頭蓋外傷などによる視神経路や,視中枢の障害などが原因となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はん‐もう〔‐マウ〕【半盲】

片方の目が見えないこと。
脳の障害により、右目・左目それぞれの視野が右か左の半分しか見えない状態。半盲症

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

半盲【はんもう】

注視点を中心として視野の半分が欠損するもの。両眼の反対側が欠損する交叉(こうさ)半盲は,視神経交叉部の障害(脳下垂体腫瘍(しゅよう)など)による。両眼の同側が欠損する同側半盲は,視神経交叉部より中枢部の視路または視中枢の障害によるもので,脳腫瘍脳脊髄膜炎,外傷性脳溢血(いっけつ)などで起こる。
→関連項目視野欠損

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

はんもう【半盲】

視覚障害で、視野障害と視力障害による場合がある。
視野障害で、視野の右半分あるいは左半分だけが見えなくなる状態。半分が見えない場合は右同名半盲、左半分が見えない場合は左同名半盲という。
視力障害で、準盲のこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の半盲の言及

【視野】より

…中心暗点がある場合,視力の低下を伴っていることが多く,主として視神経炎のような視神経疾患によって起こるものと,中心性網膜炎のような黄斑部の網脈絡膜疾患によって起こるもの,の二つに大別される。 また,注視点を通る垂直線を境界として,両眼の視野の右半部あるいは左半部が欠損するものを半盲hemianopsiaという。両眼の同側が欠損するものを同名半盲homonymous hemianopsia(右同名半盲と左同名半盲がある)といい,両眼の反対側が欠損するものを異名半盲heteronymous hemianopsia(両耳側半盲と両鼻側半盲がある)という。…

【目∥眼】より

…錐状体の障害では視野の中心部が見えにくくなり,中心暗点という。視交叉(しこうさ)およびそれより上の視覚路の異常では視野の半分が見えなくなり,これを半盲という。視野視力(4)視覚路 光刺激によって,興奮した視細胞からの視覚信号は,まず双極細胞(水平細胞)を経て網膜神経節細胞に送られる。…

※「半盲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

半盲の関連キーワード視力障害、視野障害をもたらす病気急性散在性脳脊髄炎(アデム)目のしくみとはたらき脳梗塞(脳軟化症)一過性脳虚血発作脳出血(脳溢血)トルコ鞍部腫瘍目の主要な症状側頭葉症候群視交叉症候群脳ヘルニア視床症候群内包症候群脳脚症候群視力障害脳虚血脳梗塞脳血栓脊索腫脳出血