コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南マルク共和国 みなみマルクきょうわこく

1件 の用語解説(南マルク共和国の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

みなみマルクきょうわこく【南マルク共和国】

1949年12月にハーグ円卓会議を経て,オランダからインドネシアへの主権委譲が行われ,インドネシアは名実ともに独立した(ハーグ協定)が,その後,親オランダ的な将兵,とくに旧蘭印軍兵士の一部は,スラウェシ島やモルッカ(マルク)諸島のアンボン島で,共和国への編入を拒否して反乱を起こした。このうち,アンボンを中心とする地域は伝統的に植民地軍兵士の主要な出身地であったため,50年4月以来,〈南マルク共和国Republik Maluku Selatan〉の樹立をめざして反中央政府の運動を展開する一方,多数の人々がオランダ本国へ移住した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

南マルク共和国の関連キーワード円卓ハーグ国際私法会議ハーグ密使事件ヘーグ円卓会議円卓物語再議万国平和会議ハーグリーブス円卓会議と再生会議

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone