コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南マルク共和国(読み)みなみマルクきょうわこく

世界大百科事典 第2版の解説

みなみマルクきょうわこく【南マルク共和国】

1949年12月にハーグ円卓会議を経て,オランダからインドネシアへの主権委譲が行われ,インドネシアは名実ともに独立した(ハーグ協定)が,その後,親オランダ的な将兵,とくに旧蘭印軍兵士の一部は,スラウェシ島やモルッカ(マルク)諸島のアンボン島で,共和国への編入を拒否して反乱を起こした。このうち,アンボンを中心とする地域は伝統的に植民地軍兵士の主要な出身地であったため,50年4月以来,〈南マルク共和国Republik Maluku Selatan〉の樹立をめざして反中央政府の運動を展開する一方,多数の人々がオランダ本国へ移住した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android