コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南原古墳 みなみばらこふん

2件 の用語解説(南原古墳の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

みなみばらこふん【南原古墳】

京都府長岡京市長法寺南原にある4世紀後半の前方後方墳。桂川右岸の西山山塊の東斜面に立地し,比高90m余の山丘を修飾して南面する墳形を作る。全長60m,後方部幅40m,前方部幅28m,葺石(ふきいし)を認めないが,円筒埴輪が残存し,なかに鰭付(ひれつき)円筒もある。1934年,村民が後方部の竪穴式石室を発掘し,京都府が調査を行った。石室は墳丘の長軸に沿って南北に位置し,内法の長さ5.3m,幅1m,高さ1.3mの割石積みで,内部に粘土床を作ったものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南原古墳
みなみはらこふん

京都府長岡京市長法寺南原の山丘頂に立地する前方後方墳。全長60メートル、前方部長20メートル。ヒレ付を含む円筒埴輪(はにわ)がある。後方部中央の長さ5.3メートルの竪穴(たてあな)式石室から三角縁神獣鏡四、盤竜(ばんりゅう)鏡および、内行花文(ないこうかもん)鏡各1、硬玉勾玉(こうぎょくまがたま)など玉類、鉄製武具、工具、石臼(いしうす)、石杵(いしきね)、銅鏃(どうぞく)が出土している。かつては全長74メートルの前方後円墳で、鏡はすべて舶載鏡で碧玉(へきぎょく)製腕飾類・埴輪を欠く前期古墳の古相とされたが、現在は埴輪、銅鏃の特徴からやや時期の下る前期古墳とみなされている。なお、竪穴式石室からの長い排水溝も調査された。[今井 尭]
『都出比呂志編『長法寺南原古墳』(1983・大阪大学南原古墳調査団)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南原古墳の関連キーワード光明寺長岡京市長岡京楊谷寺要法寺長岡京跡粟生光明寺向日NKE

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone