コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南唐二陵 なんとうにりょうNán Táng èr líng

1件 の用語解説(南唐二陵の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

なんとうにりょう【南唐二陵 Nán Táng èr líng】

中国,五代十国の南唐の始祖,烈宗李昪(りべん)(888‐943)の欽陵と,第2代,元宗李璟(りけい)(916‐961)の順陵をいう。南京市の南郊,江蘇省江寧県東善鎮,高山の南麓の尾根を利用してつくった円墳。1950‐51年に南京博物院が発掘。墓室は2陵とも墓門,前室,中室,後室からなる。欽陵の墓室は全長21.48m,最大幅10.45m,前・中室は塼(せん)で築き,ドーム式の天井を設け,左右に明器類をいれる側室を付設。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone