コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南唐二陵 なんとうにりょう Nán Táng èr líng

1件 の用語解説(南唐二陵の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

なんとうにりょう【南唐二陵 Nán Táng èr líng】

中国,五代十国の南唐の始祖,烈宗李昪(りべん)(888‐943)の欽陵と,第2代,元宗李璟(りけい)(916‐961)の順陵をいう。南京市の南郊,江蘇省江寧県東善鎮,高山の南麓の尾根を利用してつくった円墳。1950‐51年に南京博物院が発掘。墓室は2陵とも墓門,前室,中室,後室からなる。欽陵の墓室は全長21.48m,最大幅10.45m,前・中室は塼(せん)で築き,ドーム式の天井を設け,左右に明器類をいれる側室を付設。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

南唐二陵の関連キーワード荊南後蜀呉越五代十国前蜀南漢北漢南唐過税

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone