コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南杣笑楚満人 なんせんしょうそまひと

2件 の用語解説(南杣笑楚満人の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南杣笑楚満人
なんせんしょうそまひと

[生]寛延2(1749).江戸
[没]文化4(1807).3.9. 江戸
江戸時代後期の戯作者。本名,楠彦太郎。芝の住人。鞘師,書肆,医師,板木師,手習い師匠などの職業を転々とした。天明頃から黄表紙を書きはじめ,『敵討三味線由来』 (1783) ,『敵討義女英 (かたきうちぎじょのはなぶさ) 』 (95) 以後多くの作品を書き,黄表紙かたき討ち物中興の祖と称された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南杣笑楚満人
なんせんしょうそまひと
(1749―1807)

江戸後期の洒落本(しゃれぼん)・黄表紙(きびょうし)・合巻(ごうかん)作者。本名楠(くすのき)彦太郎、別号志筍斎(しじゅんさい)、杣人(そまひと)、曽満人(そまひと)など。江戸の芝(港区)に住み鞘(さや)師や書店を営んだが、1783年(天明3)『敵討三味線由来(かたきうちさみせんのゆらい)』ほか4種の黄表紙を書き戯作(げさく)者となった。当時は滑稽(こっけい)感の濃い黄表紙の全盛時代であったが、楚満人は敵討や軍記の英雄など伝奇色の強い作品を書き続けた。95年(寛政7)『敵討義女英(ぎじょのはなぶさ)』を出し大当りをとり、以後、黄表紙は一転して敵討物の趣向が大部分となり、1807年(文化4)以後の合巻にも及んでいる。物語の構成力はもっており、趣向は類型的ではあったが、悲劇を複雑に仕組んだのが読者の好みに合致し、没年まで書き続けた。2世楚満人を一時為永春水(ためながしゅんすい)が名のった。[小池正胤]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南杣笑楚満人の関連キーワード遠羅天釜久米生駒元竹河瀬検校桐淵貞山国佐(3代)高屋去音羽川藤水松浦宝三橋花城

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone