コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南杣笑楚満人 なんせんしょうそまひと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南杣笑楚満人
なんせんしょうそまひと

[生]寛延2(1749).江戸
[没]文化4(1807).3.9. 江戸
江戸時代後期の戯作者。本名,楠彦太郎。芝の住人。鞘師,書肆,医師,板木師,手習い師匠などの職業を転々とした。天明頃から黄表紙を書きはじめ,『敵討三味線由来』 (1783) ,『敵討義女英 (かたきうちぎじょのはなぶさ) 』 (95) 以後多くの作品を書き,黄表紙かたき討ち物中興の祖と称された。ほかに『増補執柄 (しっぺい) 太郎』 (96) ,『敵討姥捨山』 (97) 。なお,二世楚満人は為永春水の別号。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南杣笑楚満人
なんせんしょうそまひと
(1749―1807)

江戸後期の洒落本(しゃれぼん)・黄表紙(きびょうし)・合巻(ごうかん)作者。本名楠(くすのき)彦太郎、別号志筍斎(しじゅんさい)、杣人(そまひと)、曽満人(そまひと)など。江戸の芝(港区)に住み鞘(さや)師や書店を営んだが、1783年(天明3)『敵討三味線由来(かたきうちさみせんのゆらい)』ほか4種の黄表紙を書き戯作(げさく)者となった。当時は滑稽(こっけい)感の濃い黄表紙の全盛時代であったが、楚満人は敵討や軍記の英雄など伝奇色の強い作品を書き続けた。95年(寛政7)『敵討義女英(ぎじょのはなぶさ)』を出し大当りをとり、以後、黄表紙は一転して敵討物の趣向が大部分となり、1807年(文化4)以後の合巻にも及んでいる。物語の構成力はもっており、趣向は類型的ではあったが、悲劇を複雑に仕組んだのが読者の好みに合致し、没年まで書き続けた。2世楚満人を一時為永春水(ためながしゅんすい)が名のった。[小池正胤]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

南杣笑楚満人の関連キーワード戯作者

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android