コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南漢 なんかんNan-han

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南漢
なんかん
Nan-han

中国,五代十国の一つ。劉げんが広州 (広東省) に建てた国 (909~971) 。その祖父劉謙は黄巣の乱のとき広州刺史となり,父劉隠は南平王となった (909) 。劉げんが立つと皇帝となり,初め大越国と称したが (917) ,翌年と改めた。貿易上有利な地を占めていたが内紛が続き,に滅ぼされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

なんかん【南漢】

中国、五代十国の一(917~971)。劉龑りゆうげんが建国。広東・広西に支配を及ぼし、南海貿易で栄えたが、宋に滅ぼされた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南漢
なんかん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の南漢の言及

【漢】より

…909‐971年。南漢ともいう。建国者劉隠は広州の兵乱を平定し,広東・広西地方に支配を及ぼし,唐末の中原での大混乱を逃れて嶺南に避難した唐朝の名士を優遇して国の基礎を固めた。…

【広東[省]】より

…この時期に大庾嶺越えの陸路とベトナムへ至る水路が開設された。五代十国時代には南漢国が建てられた。宋はこれを滅ぼして,ここを広南東路としたが,西部の沿海地区と海南島は,広南西路に属した。…

【五代十国】より

…中国で,907年(天祐4)にが滅び,960年(建隆1)にが成立して979年(太平興国4)に統一を完了するまでの時期を,五代十国時代という。この間,華北では後梁,後唐,後晋,後漢,後周の5王朝が興亡したので五代といい,その他の地域に前蜀,後蜀,,南唐,呉越(びん),荆南(南平),,南漢,北漢などが併存したので十国という。唐代後半の藩鎮割拠という分裂状態が唐の滅亡で極まったのがこの時代である。…

※「南漢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

南漢の関連キーワードチュンチョンプク(忠清北)道南漢山城〈ナムハンサンソン〉ピョンチャン(平昌)郡チャリョン(車嶺)山脈カンウォン(江原)道チェウォン(堤原)郡チェチョン(堤川)市チュンジュ(忠州)市ウォンジュ(原州)市ナムハン(南漢)山タニャン(丹陽)郡キョンギ(京畿)道ヨジュ(驪州)邑ナンハンチエンフビライ・ハンハン(漢)江文化大革命スークアン南漢山城劉ちょう

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android