南禅寺蒸し(読み)なんぜんじむし

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

なんぜんじむし【南禅寺蒸し】

豆腐・卵・だし汁をすり混ぜて蒸した料理。仕上げにくずあんをかけ、わさびなどをのせる。鶏肉・きくらげぎんなん生麩などを入れることもある。◇京都・南禅寺周辺が豆腐の名産地であることから、豆腐を用いた料理を「南禅寺~」ということがある。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南禅寺蒸し
なんぜんじむし

豆腐料理の一つ。豆腐と卵をすり混ぜ、だしでのばす。これに、とり肉、ぎんなん、しいたけ、麩(ふ)、かまぼこなどを入れ、蒸し茶碗(ぢゃわん)に入れて蒸し、薄葛(くず)あんをかける。京都の南禅寺は豆腐で有名なところから、豆腐を南禅寺としゃれて用いたものである。[河野友美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android