コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南蛮流 ナンバンリュウ

デジタル大辞泉の解説

なんばん‐りゅう〔‐リウ〕【南蛮流】

西洋流の外科医術。日本に帰化したポルトガル人クリストファン=フェレイラ(日本名、沢野忠庵(ちゅうあん))を祖とし、その門人の西吉兵衛が大成した流派。
砲術の一流派。武宮嘉兵衛貞幹の創始という。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なんばんりゅう【南蛮流】

南蛮人の流儀。南蛮風。
主としてキリシタン宣教師を通じて南蛮から伝わった医術。特に外科をいう。
西洋流の砲術の一派。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

南蛮流の関連キーワードキリシタン文化フェレイラ関場不二彦杉本忠惠栗崎道喜清水赤城南蛮医学杉本忠恵南蛮人西洋流懐鉄砲栗崎流医術流儀一派

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android