コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南蛮絵 なんばんえ

3件 の用語解説(南蛮絵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南蛮絵
なんばんえ

安土桃山~江戸時代を通じて多くの西洋画が渡来し,同時に多くの洋風画が制作されたが,鎖国を境にそれ以前の第1期洋風画を一般に南蛮絵,それ以後の第2期洋風画を紅毛画と呼ぶ。南蛮絵はキリスト教関係の宗教画を中心に,西洋風俗図,南蛮屏風地図屏風などが描かれたが,キリスト教弾圧,鎖国令などによって衰退。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なんばん‐え〔‐ヱ〕【南蛮絵】

桃山時代前後にポルトガル人やスペイン人がもたらした西洋画。また、それを模倣して描いたキリスト教的題材の絵画や、西洋風俗画。蛮絵。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

なんばんえ【南蛮絵】

桃山時代前後日本に渡来した西洋画、およびその手法をまねて西洋の風俗やキリスト教に関することを描いた絵。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南蛮絵の関連キーワード弘尊安土桃山時代安土桃山文化江戸時代近世織豊時代中世近世文学伊勢・安土桃山文化村日本の城郭

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone