コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南蛮絵 なんばんえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南蛮絵
なんばんえ

安土桃山~江戸時代を通じて多くの西洋画が渡来し,同時に多くの洋風画が制作されたが,鎖国を境にそれ以前の第1期洋風画を一般に南蛮絵,それ以後の第2期洋風画を紅毛画と呼ぶ。南蛮絵はキリスト教関係の宗教画を中心に,西洋風俗図,南蛮屏風地図屏風などが描かれたが,キリスト教弾圧,鎖国令などによって衰退。作者はほとんど不明。主要作品『マリア十五玄義』 (京都大学) ,『聖ペトロ像』,『西洋風俗図屏風』 (大阪南蛮文化館) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

なんばん‐え〔‐ヱ〕【南蛮絵】

桃山時代前後にポルトガル人やスペイン人がもたらした西洋画。また、それを模倣して描いたキリスト教的題材の絵画や、西洋風俗画。蛮絵。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なんばんえ【南蛮絵】

桃山時代前後日本に渡来した西洋画、およびその手法をまねて西洋の風俗やキリスト教に関することを描いた絵。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

南蛮絵の関連キーワード山田右衛門作原田 種夫喜多元規