地図屏風(読み)ちずびょうぶ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地図屏風
ちずびょうぶ

日本図,世界図,異国諸都市図などを組合せた屏風絵。南蛮趣味の風潮とともに安土桃山~江戸時代初期頃に流行。世界図を主題としたものが圧倒的に多く約 40点が現存。これらにはマテオ・リッチの世界図,天正 18 (1590) 年遣欧少年使節帰国とともにもたらされた A.オルテリウス地図帳『世界の舞台』,G.ブラウンと F.ホーヘンベルク共編『世界都市図』などとの共通性が指摘される。主要作品『世界地図,四都市図屏風』 (神戸市立博物館) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android