コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南部信順 なんぶ のぶゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南部信順 なんぶ-のぶゆき

1813-1872 江戸後期-明治時代の大名。
文化10年1月11日生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩主島津重豪(しげひで)の5男。南部信真(のぶまさ)の婿養子となり,天保(てんぽう)13年陸奥(むつ)八戸(はちのへ)藩(青森県)藩主南部家9代。京都御所警固をつとめ,大広間詰め大名となった。戊辰(ぼしん)戦争では奥羽越列藩同盟にくわわったが,同盟と歩調をあわせず新政府軍との敵対をさけた。明治5年2月20日死去。60歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

南部信順の関連キーワード太田広城

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android