コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南部利剛 なんぶ としふさ

美術人名辞典の解説

南部利剛

南部藩主・歌人。通称寿之助・鉄五郎・美濃守、名は謹敦・利敦、号は節斎・中和・素心斎・致堂・桜園。陸奥盛岡生。間宮永好・江刺恒久に師事した。正三位に叙せられる。伯爵明治29年(1896)歿、71才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南部利剛 なんぶ-としひさ

1827*-1896 幕末の大名。
文政9年12月28日生まれ。南部利済(としただ)の3男。南部利義(としとも)の弟。嘉永(かえい)2年陸奥(むつ)盛岡藩主南部家15代となる。海岸防備,京都守護につくし元治(げんじ)元年左近衛(さこんえの)中将となる。戊辰(ぼしん)戦争では奥羽越列藩同盟にくわわり,新政府軍とたたかったが,敗れて明治元年隠居した。明治29年10月30日死去。71歳。初名は謹敦。通称は鉄五郎。歌集に「桜園集」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

南部利剛

没年:明治29.10.30(1896)
生年:文政9.12.28(1827.1.25)
幕末の盛岡藩主。明治1(1868)年,戊辰戦争では奥羽越列藩同盟に参加。新政府軍と抗戦したが敗北。同年9月降伏,東京に送られ謹慎に処せられた。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

南部利剛の関連キーワード南部 信方南部英麿南部信方南部利恭没年

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android