コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮原二郎 みやはら じろう

2件 の用語解説(宮原二郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮原二郎 みやはら-じろう

1858-1918 明治時代の軍人。
安政5年7月7日生まれ。海軍兵学寮にはいり,イギリスに留学して機関学をまなぶ。明治30年宮原式汽缶を発明。33年海軍機関総監,39年機関中将となった。この間,帝国大学教授をつとめた。44年貴族院議員。大正7年1月15日死去。61歳。駿河(するが)(静岡県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宮原二郎
みやはらじろう
(1858―1918)

工学者、海軍機関中将。旧幕臣宮原木石(ぼくせき)(1827―1889)の子。明治初年、徳川家達(いえさと)に従って父とともに静岡にきて、静岡藩学校に学んだ。1872年(明治5)海軍兵学寮に入り、のちイギリスに留学して機関学を学び、帰国した。1895~1896年に宮原式汽罐(きかん)を発明、1896年に日本、イギリス両国の特許を得た。この水管式機関は1903年(明治36)海軍に採用され好成績を収めた。1898年工学博士、1900年機関総監、1906年海軍中将となった。この間に東京帝国大学工科大学教授として後進を指導した。1907年男爵を授けられ、1909年貴族院議員に選ばれた。なお父木石は蘭学(らんがく)にも通じた儒学者で、静岡藩学校で教鞭(きょうべん)をとった。[山崎俊雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮原二郎の関連キーワード生井順造今井兼昌鎌田宜正北川武河野通好斎藤有記志摩清直勝田四方蔵中溝徳太郎屋部憲通

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone