コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南部利恭 なんぶ としゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南部利恭 なんぶ-としゆき

1855-1903 明治時代の大名,華族。
安政2年10月9日生まれ。南部利剛(としひさ)の長男。明治元年陸奥(むつ)盛岡藩主の父が朝敵として所領20万石を没収のうえ隠居させられたため家督をつぎ,岩代(いわしろ)白石(宮城県)13万石に転封となる。翌年新政府への70万両の献金を条件に盛岡に復帰。伯爵。明治36年10月19日死去。49歳。初名は剛毅。通称は彦太郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

南部利恭の関連キーワード明治時代南部利祥南部信方華族

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android