コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南部政持 なんぶ まさもち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南部政持 なんぶ-まさもち

?-? 南北朝時代の武将。
南部政長の子。建武(けんむ)元年(1334)北畠顕家(あきいえ)の命をうけ,北条氏の残党を奥州で討ちはたした。のち足利尊氏(たかうじ)の軍と各地でたたかい功をたてた。貞治(じょうじ)6=正平(しょうへい)22年の村上天皇の綸旨(りんじ)によれば,甲斐(かい)(山梨県)倉見山の知行をみとめられている。通称は左馬助

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

南部政持の関連キーワード南北朝時代南部政長

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android