コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南部草寿 なんぶ そうじゅ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南部草寿 なんぶ-そうじゅ

?-1688 江戸時代前期の儒者。
南部南山の養父。寛文12年長崎奉行にまねかれ8年間長崎でおしえ,聖堂祭酒(学頭)となり唐船(とうせん)書物改めもつとめる。天和(てんな)元年から越中富山藩につかえ藩学の基礎をつくった。元禄(げんろく)元年11月2日死去。山城(京都府)出身。字(あざな)は子寿。号は陸沈軒,古硯子。著作に「職原鈔(しょくげんしょう)支流」「徒然草諺解(つれづれぐさげんかい)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

南部草寿の関連キーワード西川如見松浦霞沼福山徳潤南部南山杏一洞儒者

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android