コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南部南山 なんぶ なんざん

2件 の用語解説(南部南山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南部南山 なんぶ-なんざん

1658-1712 江戸時代前期-中期の儒者。
万治(まんじ)元年生まれ。肥前長崎の人。南部草寿(そうじゅ)にまなび養子となる。木下順庵(じゅんあん)に師事し木門十哲のひとりといわれる。のち草寿のあとをつぎ富山藩につかえた。正徳(しょうとく)2年3月7日死去。55歳。本姓は小野。名は景衡。字(あざな)は思聡。通称は昌輔。別号に環翠園。著作に「環翠園史論」「喚起漫草」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

なんぶなんざん【南部南山】

1658~1712) 江戸中期の儒者・漢詩人。長崎の人。名は景衡、字あざなは思聡、南山は号。南部草寿・安東省庵・木下順庵に師事して、富山藩儒となり詩文をよくした。著「喚起漫草」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南部南山の関連キーワード賀古養節狩野柳雪古白志方玄求島村紹億藤林宗理三浦明敬米倉昌照汶村

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone