コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南里嘉十(初代) なんり かじゅう

1件 の用語解説(南里嘉十(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

南里嘉十(初代) なんり-かじゅう

1783-1853 江戸時代後期の陶工。
天明3年生まれ。肥前有田(佐賀県)にすみ,鍋島家の御用をつとめた。深海乙吉(おときち)とならぶ名工とされ,染め付け磁器にすぐれた。子が2代をついだ。嘉永(かえい)6年4月死去。71歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

南里嘉十(初代)の関連キーワード天明の飢饉北欧美術徳川家慶桂川甫三木室卯雲真如海唐来参和ボリーバル鎌原村遺跡児童文学

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone